入浴時の使用法について

ハーブ系の精油は心を穏やかにする働きがあり、香りが比較的長く続くため、

 

フレッシュな柑橘系の香りとよく合います。精油の香りを鼻で楽しむ芳香浴は、

 

様々な方法があります。その中でも、もっとも簡単な方法の一つは、入浴時に芳

 

香浴を楽しむアロマバスです。浴室はお湯がたっぷりとあり、湯気が立つので、精

 

油も揮発しやすく、芳香浴を楽しむには最適な環境です。特に心を落ち着かせて

 

くれる香りは、リラックスできるバスタイムに最適です。中でも比較的簡単で、安全

 

性の高い方法は、キャリアオイルを使用する方法です。

 

 

大さじ1~2杯のキャリアオイルに精油を垂らし、よくかき混ぜたものを浴槽に加えます。安全性が高まるだけでなく、オイルの成分で肌が保湿され、湯上りはしっとりします。キャリアオイルにはグレープシードオイルやホホバオイルといった、癖のなく、香りの少ないものが適しています。

 

同様に、キャリアオイル大さじ1杯にはちみつや牛乳を大さじ1~2杯程度加え、かき混ぜたものに精油を垂らしても良いです。保湿成分が組み合わされ、より効果を発揮します。いずれの方法であっても、精油の量は2~3滴から始め、多くても5滴程度にした方が無難です。また、柑橘系の精油などは光毒性があるものが多く、使用した場合はしばらく日光に当たらないよう注意する必要もあります。