‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

副作用について

2014/01/31

ビターかつスイート、そしてスパイシーで刺激的でどこかセクシーさを漂わせる香り

 

です。

 
不安を感じている時や落ち込んでいるときなど、心を癒して逆境に負けないような

 

強さを与えてくれます。この鎮静作用や精神安定作用から不安と力の精油とも呼

 

ばれ、精神面で多く利用されています。

 
また、呼吸器系のトラブルを緩和する効果や、代謝を促し、疲れた肌に透明感を

 

もたらす効果も期待できます。

 
このように高い効果をもたらすこの精油ですが、副作用もあります。その刺激の強

 

さから、敏感肌の人の使用は避けたほうがいいでしょう。妊娠中は精神的に不安

 

定で、こういったアロマに頼りたくなる時期です。しかし、妊娠中の使用に適さない

 

精油もあります。この精油もそのうちの一つです。万が一のことを考えて、妊娠中

 

の利用は避けましょう。。

 

 
また、柑橘系ではないですが、日光に当たると害をもたらす光毒性があるので、肌へ直接使用した後は、外出を避けましょう。
この精油に限ったことではありませんが、お肌に直接使用する場合は、アレルギーの危険性があるので、腕の内側など皮膚のやわらかいところでパッチテストを行い、異常がないことを確認してから、本格的に利用するのがいいでしょう。

ボディケアへの使用法について

2014/01/31

 

yjimageCANK1ZXO

 

 

このオイルはトップノートの柑橘系のエッセンシャルオイルと特によく調和しますの

 

でオレンジスイート、ベルガモットなどと非常に良く合います。

 

ボディケアにはもちろんヘアケア、手足のマッサージなど身体全体のトリートメント

 

に使えます。ヘアケアには柑橘系の中でもレモンが良いとされていますので、

 

このオイルの出番と言えるでしょう。ヘアケアは入浴後や寝る前だけでなく、

 

日中でも手軽にできますので携帯できる遮光瓶などに入れてオフィスに持ってい

 

くとリフレッシュに役立つでしょう。

 

 

またセクシーな趣もあり催淫特性もあると言われていますので、イランイランや心を解きほぐすラベンダーなどとも相性がいいです。ベースノートなので香りが残りやすく、特に柑橘系はトップノートなのでうまく時間差でアロマテラピーによるリラックス、リフレッシュなど心身の健康を増進させるのにぴったりと言えます。そして不安と力の精油とも言われていますのでクラリセージやベチバー、イランイラン、ゼラニウムなどの女性ホルモンの調整作用があるオイルと合わせると生理前の落ち込みによる自信喪失、食欲や性欲の減退にも穏やかな改善がみられる場合もあります。比較的強い光毒性がありますので日中の使用はヘアケアだけにしましょう。

 

芳香剤としての使用法について

2014/01/31

アロマは、ボディーケアエッセンスにも使用できるアロマオイルなどが良く知られて

 

いますが、芳香剤としての利用もお勧めです。アロマポットなどでお気に入りのア

 

ロマエッセンスを暖かくするだけで、部屋全体に優しい香りが充満します。一般的

 

な消臭スプレーや香り付きの消臭系のグッズよりも、自然な花の香りやかんきつ系

 

の香りを楽しむことができます。

 

 
また、温め専用のポットを一つ用意しておけば、色々な香りを楽しむことができます。朝などには、オレンジやグレープフルーツといったかんきつ系の香りで気持ちをしゃきっとするのも良いでしょう。また、夜眠りに就く前は、眠りやすい香りとして有名なラベンダーなどを焚くと良いでしょう。部屋に包まれるほのかなラベンダーの香りでぐっすりと安眠できます。もちろん、お部屋のいやな香りも気になるくなるという消臭効果も期待できましす、意外としられていないのがハーブによる防虫効果です。いやな虫を寄せ付けるのを防ぐので、お部屋にとってもいいことづく目です。

 
専門店に行くと、数十種類以上の香りが揃っているので、自分の好みの香りや、悩みを解消してくれるような香りを選んで、使い分けをしてみるとよいでしょう。

入浴時の使用法について

2014/01/31

ハーブ系の精油は心を穏やかにする働きがあり、香りが比較的長く続くため、

 

フレッシュな柑橘系の香りとよく合います。精油の香りを鼻で楽しむ芳香浴は、

 

様々な方法があります。その中でも、もっとも簡単な方法の一つは、入浴時に芳

 

香浴を楽しむアロマバスです。浴室はお湯がたっぷりとあり、湯気が立つので、精

 

油も揮発しやすく、芳香浴を楽しむには最適な環境です。特に心を落ち着かせて

 

くれる香りは、リラックスできるバスタイムに最適です。中でも比較的簡単で、安全

 

性の高い方法は、キャリアオイルを使用する方法です。

 

 

大さじ1~2杯のキャリアオイルに精油を垂らし、よくかき混ぜたものを浴槽に加えます。安全性が高まるだけでなく、オイルの成分で肌が保湿され、湯上りはしっとりします。キャリアオイルにはグレープシードオイルやホホバオイルといった、癖のなく、香りの少ないものが適しています。

 

同様に、キャリアオイル大さじ1杯にはちみつや牛乳を大さじ1~2杯程度加え、かき混ぜたものに精油を垂らしても良いです。保湿成分が組み合わされ、より効果を発揮します。いずれの方法であっても、精油の量は2~3滴から始め、多くても5滴程度にした方が無難です。また、柑橘系の精油などは光毒性があるものが多く、使用した場合はしばらく日光に当たらないよう注意する必要もあります。

他オイルとのオススメのブレンドとは

2014/01/31

日本ではセイヨウトウキと呼ばれ、セリ科のハーブの根から抽出されるアロマオイルです。

 
同じセリ科のセロリと似た香りがします。ハーブらしいスパイシーで薬っぽい香りとも表現できます。

 
光感作作用があるために、肌につけて日光にあたるとシミや色素沈着などを起こしてしまうので、マッサージや化粧品に混ぜて使用するのではなく、ルームミストにするなど芳香浴とし楽しむ方法が一般的です。

 
単独で使用する方法もありますが、他のアロマオイルとブレンドすることによって香りを一層幅広く楽しめますし、自分好みの香りを見つけるのも楽しいものです。
落ち着いた香りなのでさわやかな柑橘系の香りとは特に相性が良く、さわやかな好まれやすい良い香りとなります。

 
レモン、マンダリン、オレンジスイート、ベルガモット、柚、ライム、レモングラスなどがあります。

 
幸せな気持ちになれる香りの組み合わせです。
樹木系のアロマオイルとは、心も身体も落ち着くリラックス効果が高まる組み合わせです。

 
ティーツリー、ジュニパー、サイプレス、シダーウッド、パインニードル、ユーカリなどがあります。
その時の体調や気分によって心地良いと感じるブレンドが違うのものです。様々な組み合わせで香りを楽しむことができます。

お肌への効果効能について

2014/01/31

不安と力の精油と言われ、不安に苛まれたときや気分が沈んでいる時に、

 

心を落ち着かせて力を与えてくれます。その和名はヨーロッパ当帰ともいわれ、

 

セクシーな趣もあり、催淫特性もあるとされています。

 
天使がその秘めたる力を人間に教えてくれたことから、アンジェリカという名が付い

 

たというエピソードが知られています。それほど、このハーブは優れた特性を持つ

 

のです。

 
その特徴として、代謝促進の機能があります。肌の代謝が促進されることで、

 

ターンオーバーが正常に行われ、お肌の透明感が戻ります。

 

また、この精油は炎症を抑える機能もあります。細菌の繁殖を抑え、うっ血しくす

 

んだ肌や、乾燥してかゆみを持った肌などに効果があります。

 
また、美肌のためだけではなく、その代謝促進効果から疲労回復、自律神経の調

 

整など、身体機能を正常に戻す効果も期待できます。

 

 
ただ、この精油には光毒性があるので、使用後は直射日光に当たらないように注意しましょう。また、非常に刺激が強いので、糖尿病の人や妊娠の可能性のある人の使用はお勧めできません。
カモミール、クラリセージ、グレープフルーツ、ゼラニウム、マンダリン、ラベンダー、レモンなどの精油と相性がいいとされます。相乗効果を期待して、組み合わせて使用するのもお勧めです。

身体への効果効能について

2014/01/31

不安と力の精油と呼ばれるこのハーブは、
古くからヨーロッパを中心とした地域で利用されてきました。
身近なところでは、洋酒のジンの香りづけ等に利用されています。
スパイシーな香りはどこか大地を思い出させる奥行きのある香りで、
しばらく香りを嗅ぐことで気分を穏やかにしてくれます。

 

 
身体に対する効果として、第一に強力な強壮作用が認められています。
リンパ系を刺激することで発刊を促して体内を浄化してくれるため、
特に長引くような病気をした後に、毒素を体内から取り除いてくれます。
呼吸器系に良く効くのも特徴です。

 

 
去痰作用を有しているため、気管支炎や神経性の喘息、息切れなどを改善し、
肺を上部にしてくれるなど、呼吸器系の働きをスムーズにすると言われています。
その他にも、抵抗力を高めて風邪をひきにくくする、
スピーディーに痛みを取り去る、蛇の毒を無毒化する、
月経を順調にするなどの複数の作用があるとされています。

 

 
肌の色を明るくしてくれる等、肌に対する効果効能も複数認められており、
様々な肌トラブルに対応できるとされています。
強い抗炎症作用を有しているため、
真菌の成長を抑えてくれます。

 
トニック剤として利用するにもおすすめです。yjimageCA8CQKYR

精神への効果効能について

2014/01/13

ヨーロッパでは天使のハーブや精霊の根ともいわれ、神聖な植物として教会の庭

 

で栽培されていました。その香りはビターさの中に甘味も含ませ、またスパイシー

 

で刺激的です。

 
この精油は不安を感じている時に、心を癒して逆境に負けないような力を与えてく

 

れます。鎮静作用や精神を安定させる作用があり、不安と力の精油とも称されて

 

います。

 
また、身体への強壮作用があり、風邪などに効果抜群です。また、肺を中心とする

 

呼吸器系全般や、デトックス作用も期待できます。

 
抗炎症作用から肌トラブルにも効果があります。特に、くすんだ肌やかゆみなどに

 

効果的です。

 
それに、月経を整える作用もあります。女性ホルモンのエストロゲンの生産を促進し、生理痛を和らげます。また、男女ともに不妊症にも効果があります。
ここで注意したいのが、この精油は、少量のみの使用では刺激作用があり、使用量が増えてはじめて鎮静、安定作用が働くということです。つまり、リラックス効果を期待するには、少量ではなくそれなりの利用量が必要だということです。
また、柑橘系ではありませんが、光毒性があるので、肌に直接使用した後の外出は控えたほうがいいでしょう。
安全に効果的に利用するには、用法用量を守った使用が第一です。”